シロメルの使い方は?効果的な塗り方とやってはいけない注意点とかある?

シロメルの使い方は?

効果的な塗り方とやってはいけない注意点とかある?

 

この辺気になりますね。

 

シロメルの使い方について、

公式サイトには詳しく書かれていなかったので、

シロメルの使い方や注意点についてまとめてみました。

 

 

シロメルの使い方と注意点は?

 

シロメルの基本的な使い方

 

シロメルのパッケージには以下の記載があります。

 

使用方法:適量を手のひらにとり、

気になる部分にやさしくなじませてください。

 

これだけです。

 

非常にシンプルですね!

 

ただシンプル過ぎて、適量ってどのくらい?!

など気になりますよね。

 

シロメルを効果的に使うにはどうしたらよいのか

具体的にお伝えします。

 

シロメルの効果的な塗り方

 

まず、化粧水をつけるタイミングとしては

洗顔後すぐです。

 

乾燥しないうちにつけましょう。

 

あなたは化粧水を手でつけていますか?

 

コットンにとってつけていますか?

 

お好みの方法はあると思いますが、

基本はそのメーカー推奨の方法に沿った方法に従うことが

おすすめです。

 

これは各社が様々な方法のデータをとって

最も効果的な方法を伝えているからです。

 

シロメルの場合は「手のひらにとり」と書いてあるので

手でつけた方が効果的と言えます。

 

では、「適量」とはどのくらいでしょうか?

 

一般的に化粧水の使用量は

100円玉大~500円玉大程度が適量

とされています。

 

シロメルの場合は、とくに記載がないので

顔全体に塗るのであれば、一般的な使用量の目安と同じ、

100円玉大~500円玉大の量を手に取るとよいでしょう。

 

「気になる部分にやさしくなじませてください。」

と書かれてありますが、

お顔全体の赤みが気になる方もいらっしゃるでしょうし、

化粧水ですから全体に塗ってもOKです。

 

また、シロメルは化粧水なので

お肌の水分補給の役割なので、

シロメルの後には必ず、

油分を含んだ乳液やクリームで蓋をしましょう。

 

お顔の皮脂が気になる方も、

化粧水で終わりにせず、

Tゾーンなどの皮脂が気になる部分は薄く塗りましょう。

 

 

シロメルは赤ら顔の方向けのアイテムですが、

せっかくですから赤ら顔からの卒業だけでなく、

美肌をめざしましょうね!

 

やってはいけない注意点

 

シロメルを使うにあたって注意した方が良い点は、

他の化粧品にも言えることですが、

傷・はれもの・湿疹などの異常のある部分には使用しない

ということです。

 

シロメルはニキビ跡のケアにもなりますが、

今できているニキビにつけることは避けましょう。

 

今あるニキビはニキビ治療薬を塗ったり、

皮膚科に受診したりして跡が残らないように

ケアすることを優先してくださいね。

 

 

シロメルを使わないままの日常と使ってみた場合の日常

 

シロメルをつかわないままの日常

 

・メイクが崩れやすい夏を楽しむことができない

 

・赤ら顔が他人からどう見られているか

常に気になってしまう

 

・自分に自信が持てない

 

・何を着ても似合わない気がして

ファッションが楽しめない。

 

・メイクは楽しめず、

赤ら顔を隠すことばかり考えている。

 

・すっぴんを見られたくないので

友達や彼氏との旅行ができない。

 

シロメルを使ってみた日常

 

・メイクを楽しめる。

 

・すっぴんの自分も好きになれる

 

・着てみたかった服に挑戦できる

 

・他人の評価が気にならなくなった

 

・人付き合いが楽しくなった

 

・仕事にも恋にも積極的になれた

 

 

お買い得情報

 

シロメルは定期ケアコースがお得!

 

通常価格6800(税抜)のところ、

初回定期価格は1800円(税抜)です。

 

2回目以降も通常価格の20%OFFになります。

 

3回継続が条件になりますが、

じっくり継続してみたい方には

定期ケアコースがおすすめですよ。

 

 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 日高あき (@hidakaaki2018) on

 

 

 

 

 



シロメル関連記事

シロメルの口コミ☆赤ら顔になにも効果なし等の悪い評判とかないの?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です